過去記事

継続は力なり!絶対に挫折しない習慣化のコツ

継続は力なり!そんなことは誰にでも分かっている。

しかし、続かない。見事に挫折してしまう。

僕の話ですが、以前は「100日間連続でブログを更新する」ということも楽勝でヤッてのけていたのに、最近はほとんどブログのために時間を使えていなかったという現実。どうしてこんなことになってしまったのか。

「これは、いまいちど、習慣化の原則に立ち返るべきだな。」と思い、この記事を書くことにしました。

タコの助
タコの助
オマエ、最近、ブログ書いてないだろ。…っていうか、完璧に逃げてるよね。ブログから。
まさふみ
まさふみ
はい…。

なぜ、習慣化したいと思うことを継続することができず、途中で挫折してしまうのか。その理由はたった1つ。自分のエネルギーがもたないからです。

この記事で紹介する習慣化に成功するための3つのルールを意識すれば、挫折することはまずありません。現に、僕はこのルールに従うことで、100日間連続でブログを更新できました。

しかし、最近は無意識のうちに、この習慣化の原則を破るような行動を取ってしまっていたのです。なので、僕も、もう一度この原則に立ち返って、「毎日ブログのために時間を使う」ということをふたたび自分の習慣にしていきたいと思っています。

なぜ、何かを続けていくということはこんなにも難しいのでしょうか…

いきなり核心を突きますが、何かが「続かない」ということは、つまり「習慣化に失敗している」ということです。

継続できない=習慣化に失敗している

だから、あなたが、「何かを続けていくのってキツいことだよな。」というふうに思うとき、実はそれは「習慣化って難しいよなあ。」ということを言っているのです。

本当に難しいのは、「ずぅーっと何かを継続していくこと」ではなく、「習慣化に成功するまで」です。

一度、習慣化に成功してしまえば、物事は難なく継続していくことができます。

習慣化に成功することが非常に難しい理由

覚えておいてください。本当にキビしいのは、何かを習慣化するまでです。そっから先は、毎日歯磨きをするのと同じぐらい、エネルギーの消費が少なくなります。

では、どうして、「何かを習慣化すること」がこんなにも難しいのでしょうか。

その理由は、人間は基本的に変化を恐れる生き物だから、です。

ホメオスタシス(生体恒常性)

人間は本当に、変化に敏感な生き物なのです。

例をあげるならば、人は環境の変化に敏感です。例えば、気温。気温が寒いときには身体を震わせることで、また、暑い日には汗をかくことで、自分の体温を一定に保とうとします。

このように、身体の状態をなるべく一定の状態に保つ(=変化を嫌う)ことで、人間は健康に生きることができているという側面があります。このような身体の機能をホメオスタシス(生体恒常性)と言います。

葛藤(脳内でケンカが起きる)

身体と同じように、心も変化を嫌います。

「習慣化」というのは、今までしていなかったことを自分の当たり前にするということなので、それはまぎれもなく変化ですよね。

なので、人間の性質上、どれだけ「これは習慣化するべきだ!習慣化したい!」と自分が思っていたとしても、その思いが強ければ強いほど、同時に「変化したくない!」という逆方向のベクトルへと抵抗が働くのです。

これがいわゆる葛藤です。自分の脳の中で、小人たちがケンカしているようなイメージです。

脳内の葛藤にめちゃくちゃエネルギーを消費する

この、脳内で葛藤が起きている状態というのが、自分の中のエネルギーをかなり消費させてしまうのです。

実際にはなにもしていないのに、「やろうとしている」「やろうかやらないか迷っている」だけで、なんか気疲れしてしまうことってありますよね?アレはまさに、脳内の葛藤にエネルギーを使いまくってしまっているから起こることなんです。

…つまり、こういうことです。

例えば、僕が「ブログを毎日書く!」ということを習慣化しようとするときに、毎日脳内ではこのようなケンカが始まるのです。

脳内の小人A
脳内の小人A
今日も頑張ってブログ書くぞ!
脳内の小人B
脳内の小人B
ええ…。ブログ書くのなんてダリィよ。嫌だよ俺。

こんな感じの葛藤が、習慣化に成功するまで毎日起きるんです。そのたびに自分の中のエネルギーを使ってしまうわけですよね。

そうこうしているうちに、何日か立つと、もはや葛藤に打ち勝って行動を起こしていくエネルギーすらも無くなってくるんです。「もうめんどくさいから、いいや!」って。これが習慣化に挫折する原因です。

一度、習慣化に成功してしまえばそのリターンはかなりデカイ

これまでの記事では、「どれだけ習慣化することが大変か」ということについて書いてきましたが、いったん習慣化に成功してしまえば、そのリターンはめちゃくちゃデカいです。

なぜかというと、習慣(=自分の中で当たり前になっている)ことに対しては、脳内で葛藤がいっさい起きなくなるからです。いちど習慣化してしまえば、そのことに対して自分の中のエネルギーを大きく節約することができるのです。

「今日もブログ書くぞぉぉぉぉ!」と思えば、脳内の小人たちがいっせいに「OK!やろうぜ!今日もいつも通りいくか!」と背中を後押ししてくれるような状態になります。

脳内の小人A
脳内の小人A
ブログ書くぞー!
脳内の小人B
脳内の小人B
おー!やろうやろう!

このような状態になってしまえば、むしろ、「それをやらないほうが気持ち悪い」のです。

いつも習慣にしていることをやらなくなる、ということも、変化ですよね。人間は変化を嫌います。毎日朝に歯を磨いているのに、今日だけ磨かなかったらなんか気持ち悪いですよね?それと同じです。

脳内の小人A
脳内の小人A
今日は忙しくてブログ書けないかも…。
脳内の小人B
脳内の小人B
は?ブログ書かないとか危ないっしょ。まじありえないっしょ。書けよブログブログ書けよ書けよ書こうよ。

何が言いたいかというと、苦労してでも習慣化してしまうメリットは大いにあるということです。

習慣化に成功するための3つのルール

今までの内容を簡潔にまとめると、

要点まとめ
  • 継続できないのは、習慣化に失敗しているから
  • 人間は変化を嫌うので、変わろうと思うと同時に抵抗が生じる
  • 脳内の葛藤が起こると大量にエネルギーを消費してしまう

…というものでした。

これらを踏まえた上で、逆境の中、習慣化に成功するためにはどういった対策を取ればいいのでしょうか?僕は、習慣化に成功するための3つのルールというものを提唱しています。

習慣化に成功するための3つのルール
  1. 一度に習慣化するものは1つだけ
  2. 絶対に守れる約束を決める
  3. 決めた約束をむりやりにでも守る

3つのルールについて、それぞれを説明していきたいと思います。

1.一度に習慣化するものは1つだけ

これまで述べてきたように、新しく何かを習慣化しようとすると、そのことが習慣として定着するまでは脳内に葛藤が生じてしまいます。

いちいち「やるか」「やらないか」という選択をするのに、無意識のうちに大量にエネルギーを使ってしまっているのです。

そんな状況の中で、いっぺんに沢山のことを変えようとすると、必ずエネルギーが足りなくなります。すなわち挫折してしまうのです。

ただでさえ、習慣化にはエネルギーがかかるのですから、それをいっぺんにやろうとするのはなかなかムチャなことです。

タコの助
タコの助
今日からダイエット始めるよ。まず、1日15分はウォーキングするよ。あと、朝飯は酵素ドリンクに置き換えダイエット。ダイエット日誌もつけ始めようかな。
まさふみ
まさふみ
いっぺんに色々変えようとすると続かないよ。まずは、1日15分のウォーキングを習慣にすることから始めたら?

「一度に習慣化するものは1つだけ」というルールを守ることで、エネルギー切れからの挫折の可能性を少なくすることができるのです。

2.絶対に守れる約束を決める

ここでは、具体的に何を習慣化していくのかを決めます。

注意してほしいのは、「このぐらいなら絶対に毎日できる」と思えるようなことを目標にすることです。

ここで決めた約束のハードルがあまりに高すぎると、挫折の可能性も高くなります。脳内の葛藤が大きくなってしまうからです。

例えば、「1日1回ラジオ体操をする」という約束なら、まあ多少ダルいと思っても毎日続けていけそうですよね?しかし、「毎日10kmランニングする」ということを決めてしまったら、それを日々絶対に続けていける自信はありますか?

約束のハードルが高いほど、脳内の小人の「やめとこうよ」という声もデカくなってきます。そのせいで挫折してしまうぐらいなら、最初の約束は小さな事から、絶対にデキそうなことから始めていったほうがいいのです。

  • 毎日ラジオ体操をする
  • 1日1記事ブログを書く

あくまで、自分基準で「絶対にできそうなこと」を決めるのがコツ!

3.決めた約束を無理やりにでも守る

ルール2で決めた目標は、あなたが絶対に守れそうなものになっているはずです。なので、毎日、絶対に決めたことは実行してください。無理やりにでもです。

例えば、「1日1記事ブログを書く」という約束を決めたのならば、300文字ぐらいの記事でもいいのでとにかく執筆します。「毎日ランニングする」と決めたのなら、たった3分でもいいので、今日、外を走ってきてください。

どんな形でも、最低こじつけでもいいので、決めたことは毎日、絶対に守ること。これを続けていれば、そのうち、「やらないほうが気持ち悪い」状態になっていきます。そうなってしまえば、習慣化に成功したも同然です。

100日連続でブログを書いていたのに、どうして突然ブログを書くのがダルくなってしまったのか?

ここからは、習慣化において陥りやすいワナの一例として、僕自身の失敗について取り上げていきたいと思います。

「21日間、続ければ習慣になる」はウソ

習慣についての本に、「21日間続ければ習慣になる」といったようなことが書いてありますが、21日間という数字はなんの根拠のないウソだということが分かっています。

実際に、何かを習慣化するために必要な日数は、平均66日と言われています。さらに、この数字は個人差が大きく、どんなことを習慣化しようとしているかにも大きく日数が左右されるようです。

つまり、習慣化において重要なのは、「いかに自分自身のエネルギーを余らせながら、毎日続けていけるか」ということなのです。他人の基準はまったく関係なくて、自分自身の感覚が最も大事だということです。

いきなり大きくステップアップしようとすると挫折する

さて、僕の話ですが、100日更新し続けたブログをいきなりストップすることになってしまった原因があります。

それは、いきなり自分の中の基準を大きく上げようとしすぎたことです。

ブログを書いているうちに、「もっと沢山の読者に読んでもらえるような質の高い記事が書けるようになりたい!」という欲が生まれてきました。

なので、ブログで生活しているようなプロがどのようなことを意識しながら記事を書いているのか、…ということをいっきに勉強しまくったのです。

もちろん、勉強すること自体は必要なことなのですが、その日からというもの、なぜかブログ記事を書くということに向き合うことができなくなっちゃったんですね。

まさふみ
まさふみ
う…。なんだかブログを書こうとすると気が重くなる…。

無意識のうちに習慣化の原則を破っていた

僕の中では、100日間毎日ブログを書いてきたのだから、ブログを書くこと自体はもはやカンペキに習慣化できている自信がありました。

しかし、圧倒的に質の高い記事を執筆しようと思えば、「ただ記事を書く」ということ以外にも習慣化すべきものが沢山あったのです。

  • ペルソナ設定
  • 悩みの特定
  • キーワードリサーチ
  • 競合調査
  • 記事のアウトライン作成
  • 記事の執筆
  • リライト

…などなど。

実際にやっていることは「記事を書く」という1つの作業ですが、細分化するとその中に習慣化すべきスモールステップが沢山あるということを見落としていました。

つまり、習慣化に成功するための3つのルールを無意識のうちに破っていたのです。結果として、自分の中のエネルギーが切れてしまい、ブログ執筆という作業に向き合うことがまったくできなくなっていたんですね。

階段を登るように1つずつステップアップしていこう

継続は力なり!なのですから、自分をパワーアップしていくためには物事を習慣化して続けていくことが最も大事です。知識なんて、その気になれば1日で網羅することができるでしょう。

多くの人が継続することができず、挫折していくのは、焦りすぎが問題なのではないでしょうか?

ブログでも何でも、成功している人の過去を探ってみると、「1年間はまったく成果が出なかった」といったような暗黒の期間があるものです。しかし、成功者はまさに、その暗黒の期間の中でコツコツと実力をつけてきたのではないでしょうか?

タコの助
タコの助
いきなりプロの基準に自分をレベルアップさせようだなんて甘えんな。お前はまさか自分を天才だと思っているのか?
まさふみ
まさふみ
はい、師匠!僕が間違っていました!

ここで言いたいことは、自分が「絶対にできる!」と思えるものまで物事をスモールステップ化して、1つずつ習慣化しながらレベルアップしていこう!…ということです。

一度習慣化したスモールステップをこなすのにエネルギーは必要なくなりますから、その分だけ、あらたに次のスモールステップをこなす余地が生まれてきます。こうして、少しずつ階段を登るようにステップアップしていくイメージです。

意識高杉くん、バリバリ体育会系のノリに耐性があるような特別な人じゃなくても、このやり方なら、誰でも、絶対に挫折せずに継続していくことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • 習慣化に成功するための3つのルール
  • スモールステップ化した上で1つずつ習慣化していく

この記事では、まさに、習慣化、そして継続の極意とも言えるノウハウをお伝えしたつもりです。

「そんなことしてたら、成功するのに何ヶ月も何年もかかっちゃうじゃないか!」と思ってしまう方もいるかもしれません。

しかし、時間がかかることよりも、挫折することのほうが問題だと僕は考えます。一度、挫折してしまえば、またリセット、ゼロからのスタートですから。

どんなに目標が遠く思えても、ゆっくりであれど前に進んでいさえすれば、いつかは必ず辿りつくのです。

一緒に頑張っていきましょう!お読みいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
まさふみ
24歳。大学在学中にパニック障害になり、引きこもり生活を送るようになる。現在、自宅のPCから起業に挑戦中。過去の実績はアメブロ読者 800人突破・にほんブログ村 ネットビジネスランキング 2582ブログ中1位など。

次世代起業家育成セミナー

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。
僕が勉強している「次世代起業家育成セミナーシリーズ」で、
あなたも一緒に起業自己啓発について学びませんか?

新セミナー「仮想通貨セミナー660分(無料)」リリース記念に、
今だけ6つのプレゼントが無料でもらえます。

  1. 起業センス診断
  2. 学習奨励金(1万円)
  3. 仮想通貨セミナー(11時間分)
  4. スーパー魅力的人生セミナー(17時間15分)
  5. 次世代起業家育成セミナー特別編
  6. 次世代起業家育成セミナーその1 システム化基本セミナー

 

今すぐプレゼントを受け取る